髪を傷ませないでカラーをすることは可能ですか?

髪を傷ませないでカラーをすることは可能ですか?

髪を明るく染めたいです。

でもツヤツヤの髪のままでいたいです。

髪を傷ませずにカラーをすることは可能ですか?

季節が変わり新しいお洋服を買ったりすると髪を明るくしたくなる人は多いと思います。しかし、カラーをすると髪はどうしても傷んでしまいます。

そこで、カラーで髪を明るくするときの注意点ときれいな髪のままカラーを楽しむ方法をご紹介します。

カラーで髪を明るくするときの注意点

傷んだ髪

カラーの明るさと髪の傷みは比例します。きれいな髪を保ちながら染めるためには、髪を明るくしすぎないことが第一です。

カラーの明るさは、1~20レベルに分けることができます。日本人の平均的な黒髪のレベルは5~6レベルです。

髪質にもよりますが、「7~9レベルの明るさ」のカラーで染めるのがおすすめです。日本人の平均的な瞳の明るさと同じなので、きれいに見える髪の明るさだと思います

なにより、「7~9レベルの明るさ」のカラーは髪にダメージを与えにくいです。これ以上の明るさになってくるとどうしてもカラー剤の刺激が強くなるため、きれいな髪を保つのは非常に難しくなります。

きれいな髪のままカラーを楽しむ方法

きれいな髪

明るくしてから根元が伸びてきたら、「リタッチ」とすでに明るくなっている毛先の部分に「トーンダウン」をしてください。「リタッチ」とは根元の伸びてきた髪だけを染めることです。

「トーンダウン」とは明るい髪を暗く染めることです。暗く染めると言っても真っ黒に染める訳ではありません。

抜けてしまったお色を補充する程度で十分です。髪の状態に合わせて薬剤の強さをコントロールすれば髪を傷ませることなくヘアカラーを楽しむことができます。

もちろん、弱酸性のトリートメントなどで髪に残留してしまう薬剤の除去をしっかりとケアしてください。このようにカラーをすれば限りなくダメージをさせないで明るくきれいな髪を楽しむことができます。

髪を傷ませないコンセプトのお店を選びましょう

最後に、ヘアカラーをする時は髪を傷ませないコンセプトのお店を選びましょう。デザイン重視のお店で染めてしまうと必要以上に髪を傷ませてしまうケースがあります。

髪への負担をできる限り抑えながらカラーをしていかないときれいな髪のままヘアカラーを楽しむことができません。しっかりとケアをしながらきれいな髪でヘアカラーを楽しみましょう。

カラーケア

あなたの髪のお悩みをスムークに相談してみませんか?

スムークの『髪のお悩み相談サービス』は、施術についての疑問点や不安、髪の悩み、などをLINEで気軽に相談できるサービスです。

きれいになりたい女性の髪のお悩みを解決するお手伝いをしたいと思い始めました。

スムークにご来店したことが無くても、髪に悩んでいるなら誰でも無料で相談することができます。

相談していただいた後に、商品をおすすめすることも勧誘することもありません。

髪質改善のプロフェッショナルが、あなたのお悩みに寄り添いながら解決するまでお手伝いをします。

相談をご希望の方は、「髪のお悩み相談サービス(SMuKご相談担当)」を友だち追加してください。

ご友人に相談するように気軽にメッセージを送っていただけたら嬉しいです。

LINE公式アカウント

<髪のお悩み相談サービス(SMuKご相談担当)>

ご相談はこちらから

※友だち追加したら、LINEのトーク画面からご相談してください。

※何度ご利用していただいても無料です。

※施術の疑問点や不安、髪の悩み、など解決するまでお手伝いします。

※ご相談していただいた内容を、ホームページなどで掲載させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

悩みを解決するご提案

『無料EBOOK』


9日間のアフターフォローメール付き♪

【髪質改善ガイドブック】

乾かすだけでまとまる美しい髪になるにはどうすればいいのでしょうか?

 

家でできるお手入れの方法、美容室の選び方からシャンプーやトリートメントについて、幅広い知識をまとめた資料を無料公開中!

 

くせ、うねり、パサつき、まとまらない・・・そんな髪の悩みにしっかり寄り添い美しい髪へと導く髪質改善ガイドブックです。